当院のご案内

当院の診療方針

心療内科・精神科の領域では、病態と個々の環境は様々に絡み合っており、個々人に合わせたオーダーメード的な治療・援助が必要となります。昨今喧伝され、統計的に正しいとされる、エビデンスに基づく医学的治療(EBM)も、ある程度参考にはしますが、個々の治療にはやはり限界があります。当院では、個々人の体質、性格、環境、生育史、を重視します。また、当院では、各職種の連携が大事な治療要素と考えております。受付事務員、看護師、医師、調剤薬局、地域の医療機関や作業所などとの機能的な連携を目指し、適宜勉強会などを通して相互理解を進め、結果的に患者さんに貢献できるようにしていきます。
心療内科・精神科の病気は、日単位で発症するものは少なく、多くは慢性的なストレスや体質が背景にあります。そのため、風邪のように日単位で治ることは少ないのですが、適切に治療すれば、中長期的には改善、治癒に至ります。
たとえ、残念ながら障害として残存してしまう場合でも、後になって患者さんが後悔しないように、言い換えれば、かけがえのない人生に「納得」が得られるように、治療・支援をしていきたいと考えています。一般に、治療に関する医師と患者さんの間の説明と同意の関係の意味の「インフォームドコンセント」が「納得診療」と邦訳されていますが、当院では、そうした狭義のインフォームドコンセントを含め、上記のような、患者さんの人生を視野に置いた、広い意味での「納得診療」を治療のコンセプトと考えています。

診療科目

心療内科,精神科

特色とする治療法など

薬物療法と対話精神療法が主となります。
各種の向精神薬や一般薬の他に、漢方薬を処方することもできます。
乱用や依存性が社会問題となっている、リタリン(メチルフェニデート)、ハルシオン(トリアゾラム)は基本的に処方しません。

<各種検査について>

血液・尿検査は当院内でできます。(血液の検査結果は翌日以降になります。)
心電図検査もできます。
発達障害や性格検査、認知症などに関した心理検査もしています。
頭部MRI、脳波、脳血流シンチなどを県立多治見病院・多治見市民病院などに依頼し、結果を当院で説明することもしています。

<心理カウンセリングについて>

水曜午後と土曜日に、女性心理カウンセラーによるカウンセリングも行っています。
完全予約制で十分な時間をとり、さまざまな心理的苦悩についてお話ができます。
カウンセリングは保険外診療となりますが、料金については窓口にお問い合わせください。