院長ブログ「こころの総合診療医」

Category

内科や外科など、からだ(身体)を診る診療科では、たとえば循環器内科は心臓を診る、整形外科は骨を診る、というように、「臓器」を診ることを専門とする専門医(スペシャリスト)が増えてきました。

しかし、臨床現場では、専門外のことはよく知らない専門医が増えることによって、「患者たらい回し」問題のように、現場のニーズに合わなくなってきました。
そのため、医学のあらゆる分野についてまんべんなく、必要な臨床知識と技能をもつ、ジェネラリストとしての「総合診療医」が必要とされるようになりました(『総合診療医ドクターG』というNHKの番組では、総合診療医の実際が紹介されています)。

しかし、総合診療医も万能ではありません。こと、心に関する領域となると、広大な分野となります。心も体も全ての問題に対応できる医師はいません。

振り返って、私たち、心療内科医・精神科医という、心を診る医師は心に関する問題に「総合的に」対応できているでしょうか?

たとえば、大人を診療して「発達障害」と診断しながらも、実際には子どもを診療した経験がない(実際に「発達」していく子どもたちを診ていないのに発達の問題を診断するという問題)とか、その逆に「15歳までしか診ない」児童精神科医もいます(思春期になり急に放り出される患者さんの問題)とか、老人は診ない、トラウマは診ない、アルコールやギャンブル依存症は診ない、などなど、心を診ながらもその領域を狭く限定している心療内科医・精神科医は多いのです。

ある人がどういう素質を持って生まれ、どういう育ちをして、どのような社会状況の中で、どのように発病してどのように回復していくか、どのように老いていくか、そういう流れを見ながら治療的に関わる中でしか見えてこないものがあるのです。
それこそが、「こころの総合診療」だと私は思っています。

私は20年以上の診療経験において、いつもそういう意識を持って仕事をしてきましたが、いまだに足りないことも多いと思っています。私の能力はさておいても、「こころの総合診療」の領域はそれだけ広大なものなのです。

このサイトでは、「こころの総合診療」の実際とは何か、そこから見えてくる問題やその解決法は何か、など、具体的に書いていきたいと思います。

 

院長ブログ こころの総合診療医

心療内科の臨床は、医師が知識と経験を総動員し、時には医師の人生を賭して望むことさえある真剣勝負の場です。私がその場で得た発見・驚き・喜び、そして哀しみや悔しさをも、筆の及ぶ限り綴っていきます。

「巻き込み型強迫」と愛着の関係:強迫症の人と「甘え」
強迫性障害(強迫神経症、OCD)の人の多くは、他人と親密な距離を作るのが苦手です。彼らは潔癖なところが多いので、他人との身体的な接触を嫌います。たとえば、握手する、飲み物を飲み回しする、などの行為です。自宅に他人を招くこ […]
続きはこちら
熱中症対策:過剰な水分、過剰な塩分に注意。特に不安症の方に。
今年の多治見はひどく暑いです。現時点で40℃超えした日が既に2日もあり、熱帯夜も続いています。暑さには慣れている多治見の人にも未曾有の暑さになっています。 テレビでは連日猛暑のニュースが報道されています。「屋内でも熱中症 […]
続きはこちら
社交不安障害(対人恐怖)の治療;自己治癒力と自助グループについて
昨今、社交不安障害(対人恐怖症、SAD)は、パニック障害と同様に、「脳のセロトニン不足」などと言われ、単純に「脳の病気」モデルで説明されます。しかし、このセロトニン不足という医学的説明は、「セロトニン仮説」と呼ばれる通り […]
続きはこちら
睡眠薬(ベンゾジアゼピン)は認知症の原因になる?
長年睡眠薬を飲み続けると認知症になるとか、睡眠薬の服用は認知症を引き起こす、などと言われることがあり、不眠症の患者さんの不安を引き起こしています。 現在の睡眠薬の主流は「ベンゾジアゼピン系」と言われる薬物です。よく知られ […]
続きはこちら
うつ病的リアリズム(抑うつリアリズム)とは:うつ病の人は現実認識能力に優れている?
<うつ病的リアリズム(抑うつリアリズム)理論とは> うつ病の人は、正常とされる人々と比べて、現実をしっかり把握していると主張する理論があります。それが「うつ病的リアリズム(抑うつリアリズム)depressive real […]
続きはこちら
恐怖症の治療、薬物療法について
恐怖症とは、ある状況に対する強い恐怖を感じる症状です。 恐怖症には、その人が怖れる状況によって呼び名が違います。閉所恐怖(車の渋滞や電車、人混みなど、すぐに外に出られない場所を怖れる)・高所恐怖・対人恐怖(人を怖れるとい […]
続きはこちら
心療内科医としての師匠、本物の「先生」とは
小学生の頃、私は教師という仕事に憧れていました。勉強を教えるだけでなく、子どもの人格形成に関わる仕事は、とてもやり甲斐があると感じていました。それは今でも変わりありません。患者さんの回復・成長を見ているとこちらが元気をも […]
続きはこちら
嘔吐恐怖症とその治療について
食べた物を吐く、嘔吐に対して強い恐怖を持つ、嘔吐恐怖症を苦にしている方がたくさんいます。 吐くのが怖い、と言うと、拒食症や過食症などの摂食障害と勘違いされることもあります。もちろん、摂食障害の人にとって嘔吐は大きな問題で […]
続きはこちら
うつ病と自傷行為、怒り、不機嫌、アルコール依存症、ギャンブル依存症
うつ病と言うと、一般には「真面目、几帳面、いい人」「気分の落ち込み、絶望感」というイメージが描かれると思います。もちろんそれは間違いではありません。ただ、そのようなイメージはいろいろな病状を呈するうつ病という病気の一面し […]
続きはこちら
発達障害とイジメ・パワハラ:「空気を読む」ことについて
発達障害の子どもさんがイジメられることや、大人の発達障害の人がパワハラを受けることは大変多く、嘆かわしいことです。 発達障害にもいろいろあるので一概には言えませんが、中でも自閉症スペクトラム、広汎性発達障害、アスペルガー […]
続きはこちら
ページの先頭へ戻る