『ギャンブル依存症サバイバル』 熊木徹夫

『ギャンブル依存症サバイバル』(熊木徹夫ら著、中外医薬社)

この本には、やたらカネに関わる話が出てきます。生々しい具体的な金額も頻出します。ギャンブルの話だから当たり前ですが、特に依存症者の体験記にはカネの話がたくさん出てきます。

「500万円もの大金がATMに吸い込まれるのを呆然と眺めていました」とか、「孫のためと思って、数十万円を度々振り込み・・・1000万円はアッと言う間に消えました」、「不審に思うことがあり、問いただすとまた借金50万円」、などなど、生々しいカネの話です。

そんなカネについての生々しい話は聞きたくない、関わりたくない、という精神科医や心理士は意外に多いと思います。精神科医や心理士は、人間の成長、人間関係の修復、愛、罪、後悔、トラウマ、人生の意味、といった「心の問題」を扱いたいと思ってその職を選んだ人が多いと思うからです。「カエサルのものはカエサルに。神のものは神に。」でもありませんが、「私たち心の専門家は心の話に、カネの話はビジネスマンに。」と思っている精神科医や心理士も多いと思います。

しかし、精神科医や心理士も、仕事の報酬としてお金をもらって生きているわけです。私たちは宗教家や聖職者ではありません。私たちの臨床の実務上では、カネと時間をどのように使っていくか、という課題は、いつも目の前にあるのです。公立病院においても経営効率が求められている世の中です。

それでもまだ、そんな現代の病院に勤めていても、浮き世離れした精神科医は、入院している担当の重症患者さんはそっちのけにして、自分の好みの一人の外来患者さんに入れ込み、その一人に毎週2、3時間もの時間を使って面接する(しかも特別料金は取らない)、といった特別診療をすることがあります。その上で、そうして入れ込んだ特別診療の患者さんを症例として発表し、症例検討会の指導者から、立派な診療だと褒められて終わる、そんな症例検討会が各地で、時々なされています。

そんな彼らの「立派な」臨床行為の裏に、声無き患者さん、幻覚や薬の副作用に苦しみ、いつ自殺をしてもおかしくない患者さんがいるわけですが、そういう患者さんたちのことは顧慮されていないのです。そのように浮き世離れした精神科医や心理士が時々います。もちろん精神科医や心理士の皆がそうではありませんが、仕事の力点の置き方のバランスが悪い人たちは結構見かけます。

寄り道が長くなってしまいました。書評の話に戻ります。

この本、『ギャンブル依存症サバイバル』に書かれている、熊木のギャンブル依存症の治療においても、具体的なカネの話がたくさん出てきます。

そのオリジナルな治療法である「熊木メソッド」によるギャンブル依存症の治療の始まりにおいては、治療契約として患者家族と念書を交わされます。

その念書にはたとえば、「クライアントが30万円以上借金をしたのが発覚したら離婚する」といった約束が書かれます。その念書の設定、「30万円」との具体的な金額を決める際には、「家族成員それぞれの金銭感覚をリサーチすることはかなり重要なこと」と熊木は主張します。家族の経済状態を把握した上での「30万円」の金額設定なのです。

「念書」を書いて守らせる、というと、アルコール依存症の人に「断酒」を宣言させて守らせる、という感じできつい治療のようですが、熊木は一方で、念書に書かれるような固い治療枠だけに縛られず、柔軟性も示します。例えば、依存症者家族の質問、「500万円の借金ができた。夫の副業だけでの返済は無理そう、家族が代わりに返済することは良くないか」に対して熊木は、「本人が返済の苦労を理解できれば多少の妥協案(注:妻が返済に協力すること。注は引用者)はOK」と返しています。

つまり、熊木は「家族成員それぞれの金銭感覚」のみならず、その時点での家族間の愛憎・情愛・信頼・恩義の関係、それまで家族の歴史をも総合的に勘案して金銭に関する設定や助言を行っているのです。

こういう話し合いは、表面的には金銭の話だけをしているように見えますが、その話し合いの裏には依存症者の反省や家族の思いやりの気持ちなどの心の変化があり、その裏の変化が、壊れかけた家族間の関係修復につながっていくのです。それは自然な流れであり、理想的なカウンセリングです。それだけに実践的なカウンセリングなのです。家族の危機と再生の物語がそこにあるのです。

本著の後半にある、家族の治療体験記を読めばよくわかります・・・
「自分がなんて馬鹿だったかを知った」、
「どれだけ家族に迷惑をかけ、悪いことをしてきたかを省みることが出来た」、
「(ギャンブルに依存していた過去の)私は何となく自分を大切にしてあげていなかった」、
(家族の声)「(夫は)こんなに自分ありきの考え方しかできない人だったんだ・・・(ギャンブル依存の)治療を受けるのは、本人よりパートナーの方が辛いかもしれません。」といった、当事者たちの重要な気づきが得られているのです。

このように、熊木のギャンブル依存症治療では、カネの話をしながら、次第に自己の内省、家族関係、生き甲斐、人生の意味につき、考えていかれるのです。

一見皮相な問題のように見える話から始め、いつも間にか人生の深い問題について考えることになり、最終的に大切な気づきが得られる、というプロセスは、カウンセリング・精神療法の理想形です。

これまで熊木は、「精神科薬物の官能的評価」において、表面的には薬物という「モノ」の話をしながらもその話の中に、カウンセリング・精神療法的な話が不可分のものとして織り交ぜられた含蓄のある語りをしてきましたが、その臨床センスはギャンブル依存の治療においても十全に発揮されている、と、この本を読んで改めて思いました。

もちろん、実際の治療においては、このような実践は医師一人だけでできることではなく、心理士(カウンセラー)との連携が必要です(患者さんや御家族の経済状況と心理状態の全てを医者が聴取していたら、とても医者の仕事にはなりません)。

この本では、そのあたりの連携の実状についても、治療実践のコツ、エッセンスが書かれています。

その点においても、私たち治療者側が仕事を進める際に必要な、時間配分、職種連携、労力分担という、実務についても勉強になる内容となっています。そのため、ギャンブル依存を専門としない精神科医や心理士にも是非勧めたいと思います。

 

あらためて考えてみれば、カネとは不思議なものです。

古来から社会において、カネは単なる経済的なやりとりの手段だけに使われてきたものではありませんでした。

私たちは、見栄で多額のカネを使うこともあれば(高価な服や車)、謝罪の気持ちを高額な賠償金で表現するし、愛情の深さを表すのに金をつぎこみ(給料の何ヶ月分もの結婚指輪)、被災者への援助の気持ちを寄付金の多さで表し、神仏からの救済を得るためにたくさんの寄付やお布施を差し出すのです。そのように、私たちの自負、虚栄心、愛や罪の意識、救援や贖罪、といった思いや願いの気持ちをカネで表すことを全くしないならば、私たちの社会は成り立たないのです。個人が自分で自由にできる範囲のカネをどう使うかは、その人の生き方、その人の美学が表れると思います。この世においてカネは、愛や罪、善、美学といった、本来的にはカネと無関係である「プライスレス」な価値と切り離せないところがあります。と考えれば、私たちが渡世の手段として不可欠なカネをどう扱うか、という問いは、「私たちの価値・内なる美学を現実社会でどう表現するか」という問題とわかります。

私たちの診療について言えば、金銭についての話し合いをすることがすなわち生き甲斐・人生の価値といった心の問題を扱うことにもつながりうるのです。

この現代では、カネの問題は「経済学(エコノミクス)」と呼ばれ、マルクス主義経済学のようにモノの話に矮小化して「唯物論」的な話とされがちですが、「エコノミクス」の原義は「オイコノミア」、それは「家・共同体」を意味する「オイコス」と、規律・規範・法を意味する「ノモス」という語の結びつきだと言われています。私たちが共同体をうまく運営していく際、共同体の個々の成員の気持ちや生活状況を把握せずには成り立たないのです。エコノミクスは人々の生活や心が絡む政治学と切り離せないのです。

そうした人間社会の根本に立ち戻って考えて心理臨床を行っていくこと、私たち精神科医や心理士が臨床実践上で必要な「エコノミクス」の感覚を、熊木のこの本は教えてくれているように思います。

ページの先頭へ戻る