カフェインと心の病について

日頃の診療でカフェインについて注意を促すことが増えました。 カフェインは、コーヒー、緑茶、ウーロン茶、紅茶、コーラ、栄養ドリンクなどに入っている成分ですが、カフェインは一つの化学物質であり、もっと言えば脳を刺激する「薬物 […]

『自分でできるスキーマ療法ワークブック』

認知行動療法(CBT)について、患者さんから「自分で読んで勉強になる本があれば紹介して欲しい」と頼まれることが度々あります。 認知行動療法では、不安障害(パニック障害、社交不安障害、強迫性障害など)や、うつ病の人が陥りや […]

広場恐怖と方言

前回、広場恐怖についてお話ししました。「広場」とは「ご近所」「なじみ」「安全」と感じられる空間の外、「赤の他人」が往き交う場所であり、その「広場」を怖れることは他人を怖れること、社会を怖れることにつながることがおわかりに […]

広場恐怖とは

昨今、パニック障害の患者さんが増えています。パニック障害の患者さんには「広場恐怖」症状が伴うことが結構あります。 パニック障害は、突然動悸がしたり、息苦しくなって呼吸が荒くなったり(過呼吸)、「このまま死んでしまう」「気 […]

ページの先頭へ戻る