『ぼくらの中の 発達障害』

発達障害につき、たくさんの本が出されています。発達障害の人を診療する医者、ケアする臨床心理士や教員などの援助職側から書かれた良書として、この本を一押しにしています。この本には、日本の良識ある精神科医の、きめ細やかな感性と […]

「おとなの発達障害」研究会

先日私は、臨床経験20年から30数年のベテラン精神科医が集まる研究会に参加しました。その会の中では私は最年少クラスでした。 会のテーマは「おとなの発達障害」。現在の精神科臨床のトピックの一つです。 講師は還暦を超えた児童 […]

ページの先頭へ戻る