• HOME
  • 初診の方へ

初診の方へ

当院を初めて受診される方へ、対象となる症状や診察の流れなどについてご案内します。
初診は完全予約制でインターネットやお電話からご予約が可能です。

初めて診察を受けられる方へ

初診のイメージ

初診の方はWEBもしくは電話にてご予約ください。24時間電話受付しています。
当日の受診を希望される方はお電話の方が早くて確実です。ご遠慮なくお電話ください。

予約をされた人がキャンセルをされますと、早く受診が必要な他の方が受診できなくなってしまいます。確実に受診できる日時に予約をくださるようにお願いいたします。

来院時にご持参ください

  • 健康保険証
  • 他院で治療を受けられている方は、できれば紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。(紹介状が無くても対応いたします)
  • お薬手帳(お持ちでない方は現在、服用中のお薬をご持参ください)
  • 公費負担を受けられている方は、自立支援受給者証をご持参ください。

診察対象となる症状

  • 眠れない
  • 不安が強い
  • 気分が沈んでゆううつ
  • やる気が出ない
  • 職場・会社に行く気が起きなくなった、仕事に行けない
  • 落ち着かなくて集中できない
  • イライラ・ソワソワが収まらない
  • 人の視線が気になって仕方ない
  • 緊張しやすい(人前であがる、皆と一緒に食べる時、などで)
  • 動悸や腹痛などがあるが内科などで調べても「異常なし」「ストレス」と言われる
  • 狭いところや乗り物(会議、飛行機、電車など)が苦手
  • 過食が止まらない
  • 何度も確認してしまう(鍵かけ、手洗い、「車で人をひいてしまった」、など)
  • 物忘れが多くなった
  • 「要領が悪い」「片づけられない」「空気が読めない」と思う、他人に指摘される

対象となる病名

  • うつ病
  • 躁うつ病(双極性感情障害)
  • 自律神経失調症
  • 睡眠障害(不眠症、睡眠時行動異常)
  • 心身症
  • 心気症
  • 神経症
  • 不安障害
  • 恐怖症
  • パニック障害
  • 強迫性障害(OCD)
  • 適応障害
  • 社会不安障害(SAD)
  • PTSD
  • 統合失調症
  • 認知症(アルツハイマー病・レビー小体型認知症)
  • 月経前症候群(PMS)
  • マタニティブルー
  • 更年期障害
  • 摂食障害(拒食症・過食症)
  • 発達障害(アスペルガー障害、自閉症、ADHD)
  • チック障害
  • 過敏性腸症候群 など

院長の治療観・考え方については BLOG をご覧ください。

診察・検査の流れ

  1. 受付カウンターで問診表を受け取り、記入いただきます。
    受診の理由や現在のお悩み、過去にかかったことのある病気、などを記入してください。
  2. 問診表に基づき、医師の問診・診察があります。
  3. 診察終了後、受付カウンターにて会計です。
    投薬を受ける場合は、この時のお支払いの後、処方箋を受け取ることになります。
    処方箋は院外処方箋です。これを薬局に持っていき、薬局にて支払いの後、薬を受け取ることになります。

診察所要時間

初診の方には、正確な診断と治療方法について御説明をするために、どうしてもお時間をいただきます。もちろん、簡便に済ませることもありますが、おおよそ1時間程度のお時間をご用意お願いします。

受診費用

保険診療で行っています。
自己負担分(当院窓口での支払い分)は保険により負担率が異なるので一概には言えませんが、一番高い3割負担の方でも、初診料・精神療法・処方箋発行料などを含めて、2500円程度です。再診の場合は、1400円程度です。
(薬局での支払い分は含まれていません。)

守秘義務と個人情報について

医療者として法的にも義務づけられており当然のことですが、職員一同が、患者さんの秘密を守る義務、すなわち守秘義務を遵守しております。当院での診療内容が外部に洩れることはありません。
「プライバシーポリシー」も参照ください。